所得控除その3

2016-8-1

引き続き所得控除です。

★社会保険控除
本人又は同一生計親族の社会保険料
国民年金保険料、国民健康保険料、国民年金基金への掛金
介護保険料などを支払っている人の控除。
その年に支払った金額を全額控除。

 

★生命保険料控除
一般の生命保険料、個人年金保険料、介護医療保険料を支払った場合
生命保険料、を控除。
年間の生命保険料によって金額が変わる(最高12万円)。

 

★地震保険料控除
本人又は同一生計親族の居住用家屋や家財の地震等による損害を
保険目的とする地震保険料を支払った場合
地震保険料を控除。
年間の地震保険料によって金額が変わる(最高5万円)。

なお、平成19年から「損害保険料控除」という控除が廃止され、
その後、地震保険料控除に改組されました。

損害保険料の支払いのみの場合は、最高で1万5千円まで控除できます。

 

★寄附金控除
寄附を行った場合の控除「ふるさと納税」は寄附に当てはまります

この寄附金控除は、次のような条件を満たしている団体への寄附
でないと認められません。

・国、地方公共団体。
・財務大臣が指定した公益法人。
・学校法人、社会福祉法人などの特定の団体。
・認定NPO法人や特定公益増進法人。
・政治活動に対する寄附金。

控除できるのは、次のいずれか低い方の金額から
2000円を控除した金額です。

・その年に支出した特定寄附金の額の合計額
・その年の総所得金額等の40%相当額

 

★障害者控除
本人、控除対象配偶者又は扶養親族が障害者である場合。

本人、家族が障害者に当てはまる場合の控除。
基本的には一人につき27万円(40万円もしくは75万円の場合もあり)

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ヤス
誕生日:6月8日
性別:男
詳しいプロフィールはこちら
【メッセージ】
このブログでは、アフィリエイトと税金の情報を発信しています。

ブログランキング

応援クリックお願い致します
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

お問い合わせ

お問い合わせは下記リンクよりお願い致します。

このページの先頭へ