アフィリエイトの魅力

miryoku

貴方がサイトで紹介した商品やサービスをユーザーが購入する

などした場合に報酬が受け取れるアフィリエイト。

その魅力についてお話したいと思います。

 

まず、在庫を持つ必要がありません

一般の商売では必ず在庫が発生しますが、

それがないのでリスクが少ないです。

 

次に、好きな時間好きな場所で、パソコンとネット環境

さえあればできます。

昼間カフェでくつろぎながら、自宅のベッドの中から

そんなことも可能です。

 

また、パソコンで作業するので、身体の不自由な方でも

主婦でもサラリーマンでも、空いた時間で、できます。

 

さらに、始めるのにお金がほとんどかかりません

やろうと思えば0円から始めることも可能です。

ただし、ある程度稼ごうと思ったら、ある程度の出費(2~3万程度)

は必要になってきます。

 

そして、狙ったキーワードで上位表示されていれば、ほったらかしで

収入を生んでくれます。

いわゆる不労所得を得ることができます。

 

もう一つ、アフィリエイトの中には自己アフィリエイトといって、

本人が申し込むことができる、購入できる広告もあります。

資料請求やカード作成などで資金作りをするなんてことも可能です。

ただし、これは一回限定の方法なので稼ぎ続けることはできません。

 

以上のような魅力がアフィリエイトにはあります。

その魅力を実感するためにも、まずは始めてみましょう。

4 Responses to “アフィリエイトの魅力”

  1. 五平太 より:

    Yasukitiさん

    こんばんは。
    五平太ともうします。

    よろしくお願いいたします。

    Yasukitiさんの
    おっしゃるように
    リアルショップを展開し
    やっていこうとすれば

    商品仕入れ費用
    家賃
    人件費
    光熱費等々
    多くのお金が必要になります。

    アフィリエイトは
    やり方はたくさんありますが

    基本、在庫は持つ必要はないし
    パソコンがあれば
    スタートできます^^

    ただ、起業は誰でもできるが
    継続して商売を続けるのが
    難しいように

    アフィリエイトも
    簡単にスタートできますが
    継続するのが
    簡単ではないようです^^

    その中でも
    「孤独」ということが
    継続できない
    一つの要因ですが

    私も経験しましたが
    「孤独」は
    つらいですね。

    Yasukitiさんの
    ように
    相談できる塾の仲間がいれば
    心強いですね^^

    応援完了です^^五平太

    • yasukiti より:

      五平太さん 
      おはようございます。

      コメントありがとうございます。
      アフィリエイトはほんとに続けるのが
      難しいですね。
      特に結果が出てないうちは。
      おっしゃる通り、仲間がいるので、なんとか
      続けていける気がします。
      応援ありがとうございます。

  2. ナミ より:

    yasukitiさん

    ナミです^^こんばんは!

    アフィリエイトの魅力

    とてもわかりやすく丁寧な説明ですね^^

    自宅でできて在庫を持つ必要がない

    特にここの部分は
    他のビジネスではなかなかない

    ネットビジネスならではの強みだと思います^^

    自宅でできる自由なビジネス。

    それ故に自己管理もしっかりしなければと
    改めて思いました。

    応援完了です!

    またブログにご訪問させてくださいね^^

    • yasukiti より:

      ナミさん こんにちは。

      自宅でできて、在庫を持つ必要がない。
      この魅力にひかれて、私はネットビジネスを
      やろうと思いました。

      けれど、確かに自己管理はしっかりしないと
      いけませんね。
      私も肝に銘じます。
      応援ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ヤス
誕生日:6月8日
性別:男
詳しいプロフィールはこちら
【メッセージ】
このブログでは、アフィリエイトと税金の情報を発信しています。

ブログランキング

応援クリックお願い致します
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

お問い合わせ

お問い合わせは下記リンクよりお願い致します。

このページの先頭へ