情報の波に埋もれないために

2015-11-18

日々いろいろな情報が私たちに降り注いでいます。

TVをつければ一日中何らかの放送をしています。
朝、新聞を広げれば、そこは情報の海です。
携帯・スマホを手に取れば、そこでも情報が大量にあります。

PCを起動させ、ネットに接続すれば無限の情報の海です。
そして、もしかしたら大量のメールマガジンがあるかもしれませんね。

 

困ったことに、本当に必要な情報かどうかは
実際に見て見ないとわかりません。

日々大量に得られる情報、
まさかすべて確認しようなんてしてませんよね。

そんなことしていたら時間がいくらあっても足りません。
一日は24時間、お金持ちも会社の社長でも
わけ隔てなく与えられてます。

時間はほんとに、大切なものです。
有効に使いたいものです。

 

ですから、有益かどうかわからない情報を選別する作業に
時間をかけるのは時間がもったいないです。

 

では、どうしたらよいのでしょうか。
まず、入ってくる情報を制限します。

つまり、あらかじめ有益な情報を流すであろうものからの
情報だけを取り入れるようにするのです。

アフィリエイトやっているなら、大量のメールマガジンを
購読しているかもしれませんね。

そのメールマガジン、ほとんど読まなくても大丈夫ではないですか?
お気に入りのメールマガジンや、ほんとに有益なもの
だけを残してあとは解除してしまえば、
受信ボックスもすっきりします。

私も以前、大量のメールマガジンの確認だけで1時間以上
かかっていたことがあります。

 

さすがに、これでは他の作業ができないと思い、
思い切ってほとんど解除しました。

解除によって、特段支障がでるわけでもなく、
かえって、時間ができたので、
日々の作業にも、ある程度のゆとりができました。

 

TVもなんとなくつけていませんか?
TVは時間くい虫です。
必要な番組だけ見て、あとは消しておく。
そうするだけでも違って気ます。

 

その日の作業するのに、なんとなく気が載らない
そうしてネットサーフィンしてたりしませんか。

ネットは、いくらでも情報を提供してくれますが
必要ない情報も大量にあります。

息抜きに見る程度ならいいでしょうが、
それがメインとなるとどうでしょうか。

 

現代は情報社会です。
情報は意図しなくてもやってきます。
それを何の備えもなくただ受け入れていたら
情報の波にのまれてしまいます。
必要なのは、本当に有益な情報だけを取得することです。

 

情報の取捨選択のスキルを身につけておきたいものですね。

 

 

4 Responses to “情報の波に埋もれないために”

  1. あとむ より:

    こんにちは、

    スキマ時間にWEBライターをしているあとむです。

    そうですね、自分にとっって有益な情報だけを残していくのが時間を有効に使う方法ですね。
    私もメルマガの整理をしたいと思います。

    良い気付きをありがとうございました。

    応援ぽち

    • ヤス より:

      あとむさん、こんにちは。

      メルマガの整理は、時間の確保に結構効果あります。
      アフィリエイトやっていると、知らず知らずのうちに
      メルマガが増えていってしまいますから、
      定期的に見直すのがよいかもしれません。

      応援ありがとうございます

  2. ゆかり より:

    ヤスさんこんばんは!

    >情報の取捨選択のスキル
    これは大事ですね。
    何が自分にとって必要な情報なのか
    見極める事が出来ればいいですね。

    メルマガも知らず知らずのうちに増えていくので
    見直してみます!

    ありがとうございました。

    • ヤス より:

      ゆかりさん、おはようございます。

      今は情報過多の時代ですよね、
      いかに情報を得るかよりも、どのような情報が自分にとって
      有益かを判断できるスキルが重要になってると思います。

      メルマガ、増えていきますよね。
      私も整理してもしばらくすると、たくさん購読している状態
      になってしまいます。
      常に見直しが必要ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ヤス
誕生日:6月8日
性別:男
詳しいプロフィールはこちら
【メッセージ】
このブログでは、アフィリエイトと税金の情報を発信しています。

ブログランキング

応援クリックお願い致します
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

お問い合わせ

お問い合わせは下記リンクよりお願い致します。

このページの先頭へ